• ホーム
  • シンガポールへ進出する様々なメリット
  • 他にはないシンガポータルの強み
  • シンガポールでビジネス展開する流れ
  • 法人設立サポートサービスメニュー
  • ビジネス進出サポートサービスメニュー

シンガポータルブログ

citibank IPB閉鎖

citibank IPB インターナショナルパーソナルバンキングの口座が作れなくなりました。

現在お持ちのUSD50,000の口座ですが、一定の期間以後はミニマムデポジットUSD200,000になります。

USD200,000預金できない方は口座を自動に閉めるそうです。

詳しくは担当者へお問い合わせください。

CENTRASIA PARTNERS PTE LTD

citibankの口座をお持ちの方へ

citibank口座をお持ちのお客様へ

以前から弊社で進めていたcitibankのプレミアマイルカード。

海外で使うとマイルが2倍溜まるカード。

つまり日本に住んでいる方なら常にマイルが2倍たまるカードですが

以前はミニマムが安いUS20,000(2015年からUS50,000) の口座を開設し

このカードをつくり デポジットを1万ドル入れればカードが出来たのですが

今度からGOLD口座の方(ミニマムUSD150,000) だけのサービスとなったしまいました。

以前から皆様にお勧めしていたカードですが、

お作りになったでしょうか?

このように昨今サービス低下が予測されますので

チャンスの列車が来た時は是非お乗りください。

■■■ CENTRASIA PARTNERS PTE LTD ■■■

シンガポール総選挙 与党が圧勝

89議席のうち人民行動党が83議席を獲得しました。

9/11に行われたシンガポールの総選挙では、リーシェンロン率いる

与党・人民行動党が完勝した。

3月に死去した国父であるリー・クアンユー元首相後も

シンガポールの政治は、1党独裁の体制が続いていくこととなった。

総選挙は、議席数89議席のうちPAPが83議席を獲得、

最大野党である労働者党(WP)はわずか6議席。

前回2011年から定数が2議席増となっており、

前回はPAPが81議席、WPは6議席を獲得していた。

また2012年に行われた補欠選挙で、WPが1議席を追加している。

CENTRASIA PARTNERS PTE LTD

【Singapore Saving Bond シンガポール個人向け国債の発行】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 海外投資のご案内 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

  海外投資の登竜門 積立ファンド  新・1億円の年金の作り方。

      http://singaportal.net/investorstrust/

   将来のセミリタイヤのために複利を活かした年金作りを!

      「元本保証型」「利回り確定型」も大人気です!

    お申込みご質問はお気軽に弊社へお問い合わせください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 申 込 受 付 中! ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

■セブ不動産視察ツアー  10/8(木)~10/12(月)祝日 セブツアー開催します。

■リゾート良し!投資良し!のセブです。

■一押し!GRANG TOWER 最新 E-BOOK 完成!!

■今すぐクリック⇒   http://dtbn.jp/s9XuBNY

■不動産ネットフィリピン・セブ WEBサイトリニューアルしました!

■URL⇒ http://renp.centrasia.com.sg/

 

 

【Singapore Saving Bond シンガポール個人向け国債の発行】

 

シンガポール ローカルバンクの法人銀行口座や

 

プライベートバンキング口座を持っていらっしゃる方は必見です。

 

シンガポール政府は個人向け国債の発行を数か月前に発表しました。

 

先日、さらに詳しい情報が発表されました。

 

初回は10月1日に発行するそうです。

 

今後5年以上、毎月発行する計画で、MASは

 

「焦って申し込む必要はない」

 

と呼びかけているそうです。

 

今年の発行総額はSGD20億から40億相当。

 

初回の購入申し込み受付期間は9月1日から25日迄。

 

特徴としては、10年債、毎6か月ごとに金利が支払われます。

 

1発行につきSGD500~SGD50,000迄購入可能。

 

最大でSGD100,000迄購入可能。

 

DBS、POSB、OCBC、UOBのATMや

 

インターネットバンキングから申し込みが可能。

 

抽選結果は9月28日の午後3時以降に確定し

 

当選者は10月1日に自身の証券保管振替機構口座で

 

SSBを受け取れるとのことです。

 

こちらが政府が案内しているHPです。

 

 

http://www.sgs.gov.sg/savingsbonds

 

 

例えば、本日SSBを購入して2年後に売却すると、

 

2年物国債と同じリターンとなる。

 

通常の国債との違いは、元本が保証されているか

 

どうかにあるとのことで、一般

 

国債を満期前に売却すると元本が変動し得るのに対し、

 

SSBは常に元本が保証されているとのことです。

 

言い換えれば、SSBにはセカンダリーマーケットがないと記載されています。

 

 

1、なぜ政府がセイビングボンドを紹介しているか

 

シンガポール政府は個人向けに長期的な貯蓄目的の国債を提供し

 

、安全なリターンを提供する予定。(個人と記載されており、

 

日本に住む日本人が購入可能かどうか不明。)

 

 

2、特徴は三つ

 

「元本保障」

 

あなたの投資の元本は、全額守られます。

 

「長期投資」

 

1年物、2年物、10年物といった選択肢があります。

 

保有期間が長ければ長いほどリターンがあります。

 

「柔軟な償還請求」

 

満期以前に償還請求があっても違約金が科されることはありません。

 

 

3、詳細

・対象 個人のみ

 

・期間 10年迄(1年物や2年物も紹介されるとAsiaXに記載あり。)

 

・金利 6か月ごとに支払い。シンガポール国債の金利と同じく金利が連動。

 

・発行 毎月

 

・償還 月間で償還可能。違約金なし。

 

元本は保証され、金利も約束される。

 

・投資最少額 1口最低SGD500~、2口でSGD1,000。

 

最高投資額は今後発表される予定。

 

・再販不可 セカンダリーマーケットでの再販は禁止される。

 

 

4、どのようなベネフィットがあるか

 

「退職後の貯蓄」

 

安全で柔軟なオプションによってあなたのお金を守り増やします。

 

「まさかの時のためにお金を守る」

ステップアップ金利方式によって、金利を手に入れることができます。

 

「あなたの分散投資の一部に」

 

あなたの投資ポートフォリオを達成させ、リスク分散につなげます。

 

 

5、どれくらいのリターンを得ることができるか

 

・10年保有すれば、平均金利はシンガポール

 

国債同様のリターンを得ることができます。

 

過去、シンガポール国債は10年物で2-3%の

 

リターン成績実績があります。

 

・もし10年以内に償還すれば平均金利は10年物の

 

シンガポール国債の金利よりも減ります。

 

例えば、2年で償還するとすれば、

 

平均金利は2年物のシンガポール国債と同等になります。

 

・それぞれのSSBの金利レートは申込開始されるまでに情報公開されます。

 

 

6、SSBに何年投資できるか、期間

 

10年間まで。しかし償還はそれ以前に可能。

 

 

7、SSBとシンガポール国債の違い

・価格リスクがない

シンガポール国債は、セカンダリーマーケットで再販可能であり

 

、世界各国の金利のレート、その財政状況によって価格が変わります。

 

一方SSBは元本の大小にかかわらず、期間以内に償還ができます。

 

・ステップアップ金利方式

シンガポール国債は毎年同じ金利レートが支払われます。

 

SSBはシンガポール国債の金利と連動しており、

 

平均的な金利レートをあなたへ約束するために、

 

金利が何度でも上昇します。

 

 

8、ステップアップ方式とは

 

・以下の例の通り、SSBを購入するとします。

 

(ファクトシートをご確認ください。)

 

例:SGD1,000をSSBへ投資する

 

一年目:0.9%の金利=SGD9

 

二年目:1.5%の金利=SGD15

 

→2年間での平均金利は1.2%になる仕組み。

 

十年目:3.3%の金利=SGD33

 

→10年間での平均金利は2.4%になる仕組み。

 

・購入の初年、シンガポール国債1年物と同様の金利が付きます。(0.9%)

 

・2年目には1.5%の金利が付き、これは2年物シンガポール

 

国債より高い金利になりますが、

 

2年間の平均金利として計算すると、同等となります。

 

・10年目、SSBは3.3%の金利が付きます。

 

あなたの投資額のトータルリターンもしくは平均金利は

 

10年物のシンガポール国債と投資した際の同額となります。

 

・10年間の間、違約金なしでいつでも償還することも可能です。

 

 

投資ポートフォリオの内に、安心した投資先を探しているお客様にとっては

 

SSBは(シンガポール セイビング ボンド)はお勧めの投資先です。

 

弊社でサポートさせて頂きます。

 

ご購読有難うございました。

  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

CENTRASIA PARTNERS PTE LTD

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

私が書いた電子書籍 絶賛販売中!!

   「サラリーマンから富裕層まで シンガポールから始まる投資の話」

【amazon 販売ページ】 http://www.amazon.

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

☆【 法人設立・永住権取得ならシンガポータル 】http://singaportal.net

☆【積立てファンド 一億円の年金の作り方】http://singaportal.net/investorstrust/

☆【融資付海外保険はこれしかない】http://singaportal.net/investorstrust2/

☆【フィリピンコンドミニアム投資が熱い!】http://renp.centrasia.com.sg/

☆【純金積立プロジェクト】http://jyunkin.co/

☆【トレード情報ならトレーダーズカフェ】https://www.systemtraderscafe.com/

☆【賃貸・移住生活ネットシンガポール】http://chintainet-sg.com/

☆【Face book】http://www.facebook.com/centrasiapartners

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

☆5周年 先着5名様 法人SETUP 無料☆

2010年シンガポールで起業致しまして早いもので5年を迎えます。

5周年を記念して毎月先着5名様に限りこの度特別キャンペーンを実施致します。

キャンペーン期間は9月末まで。

 

■法人設立費用 SGD2,000  ⇒  法人設立費用  無料

■法人口座開設 SGD1,000  ⇒  法人口座開設  無料

 

これを機会に是非法人設立をご検討ください。

詳細資料が欲しい方はお気軽にお問い合わせください。

 

CENTRASIA PARTNERS PTE LTD

 

 

シンガポール法人設立 キャンペーン!! 

シンガポール法人設立費用をSGD8,880に!

 

・法人設立費用 SGD2,000

・法人口座開設 SGD1,000

・ダイレクター名義貸し SGD 1,800(6ヵ月)

・カンパニーセクレタリー SGD1,200(6ヵ月)

・会計顧問料 SGD2,400(6ヵ月)

・アドレス貸し SGD1,200(6ヵ月)

・諸費用 SGD500

合計SGD11,100 をSGD2,220 約20万円値引きしまして、SGD8,880に致します!

すべてをクレジットカード分割払いも可能です。

これを機会に個人投資を含め、シンガポール進出を!

 

CENTRASIA PARTNERS PTE LTD

4月 シンガポールツアー 終了致しました

4月のシンガポールツアー終了致しました。皆様お疲れ様でした。

2018年から非居住海外口座が国税庁に筒抜けになります。

●●● シンガポール法人設立ならCENTRASIA PARTNERS PTE LTD ●●●

 

■国税庁に筒抜け?

2018年から非居住海外口座が国税庁に筒抜けになります。

つまり日本に居住しながら海外に個人の銀行口座を持っている方が対象になります。

今後このような法律が施行されますと、

海外投資を行うにあたって何かと法人名義で行った方がメリットも非常に高いと感じます。

是非2018年の対策としてシンガポール法人を設立し法人名義で投資を行ってください。

 

3/22まで法人設立費 20%OFFのキャンペーン中であります。

またお得なクレジットカード分割請求払いも可能です。

是非ご利用ください。

CENTRASIA PARTNERS PTE LTD

3/22まで  法人設立セットUP費用 20%OFF  

●●● シンガポール法人設立ならCENTRASIA PARTNERS PTE LTD ●●●

 

■クレジットカード払いをご利用ください。
シンガポール法人設立費がクレジットカードの毎月払いが可能になりました。
もちろん法人設立後に掛かるランニングコストも毎月カード決済でお支払いが可能です。

 

■また法人設立費用を現金お支払いの方は、3/22までにお申込みの方は20%OFFとさせて頂いております。

 

是非キャンペーンをご利用ください。

 

CENTRASIA PARTNERS PTE LTD

 

原油価格の急落で

~ シンガポール 法人設立ならシンガポータル ~

 

マレーシアNEWS

 

昨年の外国人投資家による株式投資は、20億米ドルの売り越しだったことが、政府系金融機関MIDFの調査部門のまとめで分かった。

 

アジア諸国中、最大の資金流出額だ。

 

昨年までの5年間の累積投資では88億米ドルの買い越しで、外国投資家の存在は依然、大きい。

 

2013年は、マレーシア証券取引所の代表的株価指数FBM・KLCIは東南アジアで最大の上昇率だったが、昨年は大幅下落した。

 

MIDFはその要因として、年初の指数が高かったことの反動、企業業績予想の下方修正が相次いだこと、

 

原油価格の急落で歳入見通しが悪化したことを挙げた。

 

昨年、アジアで最も外国資金の純流入が多かったのはインド市場で、161億米ドルの買い越しだった。

 

前年比で買い越し額の増加率が大きかったのはインドネシアと台湾市場で、台湾は51%増の132億米ドルだった。タイは前年に続き売り越しだった。

 

ASIA Xより

Copyright © 2015 CentrasiaPartners Pte.Ltd. All Rights Reserved.