• ホーム
  • シンガポールへ進出する様々なメリット
  • 他にはないシンガポータルの強み
  • シンガポールでビジネス展開する流れ
  • 法人設立サポートサービスメニュー
  • ビジネス進出サポートサービスメニュー

シンガポール法人設立までの流れ

シンガポールで法人を設立するまでは概ね以下のような流れ・手続き・スケジュールとなります。
※ 記載のSGDはシンガポールドルです。1SGD=65円のレート換算で記載しております。(実際の日本円での費用は当日の為替レートに変動します。)

法人設立の流れ・スケジュール

内容 期間 概要 必要経費
設立手続き前の流れ
①使用商号の予約 1日 使用予定の会社名(商号)を予約。もし使用用予定会社名に特定の名称 (例えばlaw,Finance,Travel 等)を含める場合、関係官庁の認可を得るため、調査機関は2週間以上かかる可能性もあります。 SGD15(975円)
(重複社名確認の手数料)
②会社名等の決定 - 会社設立において決定すべき事項の最終確認を行います。 -
③必要書類の作成とACRAへの提出 - 会社設立において決定すべき事項の最終確認を行います。 -
④ACRA からの設定完了通知 1日  称号の使用許可が取れれば、必要書類を作成して提出することになります。提出と同時に登記料も納付。②の事項が予め決定していれば、それほど時間がかかりません。(Bizfileを利用して提出)。 登記料SGD300(19,500円)
⑤会社設立証明書の発行(任意) 7日 必要ならACRAから会社設立証明書を購入できます。(BusinessProfile) 【任意】証明書購入費SGD11(715円)
設立手続き完了後の流れ
⑥最初の取締役会開催、増資の決議、名義  上の取締役の辞任と新取締役の就任、銀 行口座の開設、決算日の決定。 1日 最初の取締り役会を開催し、必要に応じて増資の決議を行います。また、最初の取締り役が辞任して新取締り役が就任します。銀行口座も開設します。 -
⑦増資資金の送金 1日 銀行に口座が開設されれば増資資金の送金が出来ます。銀行口座の残高証明が資本金証明になります。 会社設立証明情報更新費SGD20(1,300円)
⑧就業許可証(就労ビザ)の申請 4週間 会社が設立されれば、就業許可証(就労ビザ)を申請することが出来ます。(6ヶ月以内) 就業許可証(EmploymentPass)申請費SGD40(2,600円)
⑨会社監査人の選任 - 会社設立後、3ヶ月以内に選任する必要があります。 -
⑩カンパニー・セクレタリーの選任 - 会社設立後、6ヶ月以内に選任する必要があります。 -
必要最低申請費 合計SGD375
(24,375円)

これらの一連の流れをシンガポータルが国内外から徹底サポートいたします。また、設立後の各種手続き・手配に関してもシンガポール国内外問わずをシンガポータルが支援させていただきます。

シンガポールでは日本人弁護士は高い!なぜか?

その翻訳あってますか?
リーガルトランスレーターもお任せ

法人設立費用翻訳代.アテンド代
クレジットカードで決済ができます

シンガポールのメリットを生かした様々なノウハウを、具体的に紹介した無料デジタル書籍

サービスメニュー

その他のサービス

シンガポールの最新情報やローカル情報を現地エージェントがお届けします☆

Copyright © 2012 CENTRASIA PARTNERS Pte.Ltd. All Rights Reserved.