• ホーム
  • シンガポールへ進出する様々なメリット
  • 他にはないシンガポータルの強み
  • シンガポールでビジネス展開する流れ
  • 法人設立サポートサービスメニュー
  • ビジネス進出サポートサービスメニュー

弊社パートナーをご利用ください。

シンガポールビジネスに欠かせないアイテムは何か?弁護士と会計士、
そしてカンパニーセクレタリー。弊社のビジネスパートナーを有効にお使いください。

弁護士

英会話サポート①

シンガポールにはたくさんの日本人弁護士がおります。
当然日本語が通じでいいのですがどこの非常に高額です。
例えば契約書のチェック業務だけでも100万円します。
金融調査だけでも150万円。
何故シンガポールに居る日本人弁護士は高いのか?
それには実は理由があります。
日本人弁護士は仕事を受けたら
ローカルの弁護士に外注に出すからです。
実は日本人弁護士はシンガポールの法は知りません。
知らないのでローカル弁護士に外注を出しています。
だから日本人弁護士は高額なのです。
弊社の顧問弁護士をご利用ください。
シンガポール人弁護士ですが、日本語がビジネスレベルです。
日本人弁護士より低料金であることをお約束致します。

※1時間SGD200~

カンパニーセクレタリー

シンガポールで会社設立するに欠かせないのは カンパニーセクレタリー。
カンパニーセクレタリーとは直訳すると会社秘書役です。
シンガポールでは必ずシンガポール人のカンパニーセクレタリーをつけることが義務つけられています。
カンパニーセクレタリーは会社法のプロフェッショナルです。

例えば「●●の場合はライセンスが必要か?どのようなライセンスが必要なのか?」
「●●した場合は税金はかかるのか?」「支店と子会社、どっちがメリットがあるか?」
「●●の契約書についてアドバイスが欲しい」
弁護士に相談する前に必ずカンパニーセクレタリーに相談しましょう。
その後弁護士レベルの相談が必要かを判断致しましょう。

※1時間SGD100~

会計士

英会話サポート①
ビジネスの心臓部分と言っていいでしょう。経営者にとって会計の理解は必須です。
経営者こそまず会計を知る事だと思います。
シンガポールの法人税は最大で17%、個人所得は日本と同じ累進課税で最大20%です。
控除を効かせば法人個人共に3,000万円程の所得なら10%以下です。
シンガポールは県民税や市民税がありませんので、とても税金面では優遇されております。
このシンガポールの税に対する疑問点は法人設立前にクリアしておく必要があります。
是非プロの会計士にご相談ください。

※1時間SGD100~

シンガポールでは日本人弁護士は高い!なぜか?

その翻訳あってますか?
リーガルトランスレーターもお任せ

法人設立費用翻訳代.アテンド代
クレジットカードで決済ができます

シンガポールのメリットを生かした様々なノウハウを、具体的に紹介した無料デジタル書籍

サービスメニュー

その他のサービス

シンガポールの最新情報やローカル情報を現地エージェントがお届けします☆

Copyright © 2012 CENTRASIA PARTNERS Pte.Ltd. All Rights Reserved.