• ホーム
  • シンガポールへ進出する様々なメリット
  • 他にはないシンガポータルの強み
  • シンガポールでビジネス展開する流れ
  • 法人設立サポートサービスメニュー
  • ビジネス進出サポートサービスメニュー

シンガポータルブログ

FXプロの相場・感 6/22(金)の記事です

●● 2週間無料購読募集中 ●●

シンガポールから毎日発信しているFXに特化したメルマガ、『FX プロの相場・感』有料会員版

1,500部突破記念として毎週(金)の記事の一部、または全部を不定期にブログで特別公開しております。

2週間の無料購読をご希望の方は下記からお申込みください。

2週間無料購読お申込み・・・https://goo.gl/Y6YLWf

===================================
本日東京時間にドル円、ユーロドル共に上昇する場面がありました。
ユーロ圏での移民問題合意を材料にポンと跳ねました。

特にユーロドルは大きく上昇し、その直前まで1.15中盤で直近安値付近で推移していましたが、
その報道を受け1.16中盤まで上昇しています。

ユーロを売りたい主体がいるとすれば「絶好の売り場」となりますので、

今夜までこの上昇幅を維持してNY引けを迎えられないでしょう。


逆に売りたい主体がいないならば、この上昇幅を維持してNY引けを迎えるでしょう。

つまり、今夜「ユーロドルの相場の息吹(水面下の圧力)」が出易い環境になったという事です。


週明けにチェックしましょう。


一方ドル円ですが、現在110円台中盤で推移しています。

時間足チャートでも綺麗に右肩上がりで上昇していますし、主要チャートポイントを完全に上抜けて推移しています。


この事からもドル円は一定の上昇圧力は掛かっていると推測出来ます。

しかしながらそのドル円上昇の中身は「ドル高による上昇」と推測出来ますので、それが継続していくとは思えません。


(*勢いがない事からトレンドを変えるまでは行かずポジション調整の範疇という判断)

つまり今後のドル円は、ジリジリ上昇する可能性はあるものの、上値は重く推移すると思われます。


そしてリスクオフの材料が顕在化すれば瞬く間に下落に転じる展開を本命としておきます。

今後の投資戦略としては、

・ドル円ショート戦略、ユーロドルショート戦略を中心とする
・7月-8月のどこかで暴落する可能性がある
・通常反対勘定のドル円とユーロドルが揃って下落する可能性がある

と想定しています。

私自身は、次週のIMM円ショート残高を見てからすべて判断する事としていますので、


週末の発表を待ち、週初の分析にて今後の具体的投資戦略とポジション操作の目処を決定していく予定です。

非常に面白くなってきました。


大きく利益を積み上がる時期がやってくると思います。


【現在ポジション】

なし


【過去取引履歴】

有料会員のみ

(TOTAL +2055pips、+210.1万円)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
プロの相場感!有料会員版
発行会社: CENTRASIA PARTNERS PTE PTD
所在地: AXA Tower, Level 34, 8 Shenton Way, Singapore, 068811
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Copyright © 2015 CentrasiaPartners Pte.Ltd. All Rights Reserved.