• ホーム
  • シンガポールへ進出する様々なメリット
  • 他にはないシンガポータルの強み
  • シンガポールでビジネス展開する流れ
  • 法人設立サポートサービスメニュー
  • ビジネス進出サポートサービスメニュー

国策・税制|シンガポール基本情報

外国企業や海外資本の誘致のため、法人に有利な国家体制をとるシンガポール

シンガポールは「開発独裁型」国家であり、マレーシアからの分離独立後、アジア中心から諸外国を臨むその優位な地理的条件から、外国企業や投資家・起業家・富裕層に魅力的なビジネスインフラを整え、様々な分野のビジネスや資本を誘致する事により、国際的にシンガポールをビジネス活動の拠点に選んでもらう事で経済発展つながるというはっきりとしたスタンスを持っています。
その方針により国家は急成長し、16年連続で「最も高い投資収益力を持つ都市」にランクインしている事がその裏づけを物語っています。
また、ASEANの原加盟国であり、東南アジアのリーダーとして先進諸国との強い紐付きを重視しています。

とりわけ、合理的な「税制」、低い「税率」、簡便な「会社法」や「金融システム」が非常に魅力的であり、オフショア金融センターとしては最大級の規模を誇っています。

特に日本の経営者・資産家にはいい条件が整っています。食文化が日本と似ており、言語も簡単な英語でコミュニケーションが取れ、日本との歴史・政治的な懸念もなく国民性が穏やかで、今のところビザの取得も難しくありません。
日本と比較すると遙かに安い法人税と、キャピタルゲインに対する非課税や、合理的な法整備により日本の経営者・資産家には非常に有利なビジネスインフラが整っている国であると言えます。

一方で、BVIやケイマン、セーシェルのような小規模なオフショア地域と異なり、ペーパーカンパニーの設立は認められておらず、法人設立の際は現地での事業運営が原則となりますが、投資会社などを設立すれば実態としてビジネス活動が行われていなくても法人設立は可能です。また、それらの地域を除いた準タックスヘイブン国としては世界の最低レベルの法人税率です。

また、国策として世界中から集まってきた富裕層や知的層に対して十分な娯楽を提供することで、自国の魅力付けも忘れていません。夜になると街は絢爛豪華に彩られ、人々を虜にします。

シンガポールの税制上のメリット

法人税 最大17%(日本:法定実効税率約40%)
キャピタルゲイン税 非課税
インカムゲイン税 非課税
課税所得控除額(法人) 大幅な控除
個人所得税 最大20%(日本:最大40%)
住民税 非課税(日本:所得割10%+均等割の合算)

シンガポールと日本企業(人)の親和性

対日関係 良好
国民性 穏やか
言語 公用語が英語
通信インフラ 良好
ライフライン 良好(水道がやや脆弱で多くをマレーシアに依存)
食文化 米が主食で日本に近く、多国籍な外食産業が発達
法律 厳密な法治国家
治安 安全
環境 清潔
物価 日本に等しい
娯楽 様々な娯楽施設が整備されている
トラフィック 国土が狭いため、車は不便だがタクシーは手軽に利用可能
バス・電車などの公共交通は整備されている
航空は日本の主要空港と直行便が就航していて便利
シンガポールの税制・戦略に関して① シンガポールの税制・戦略に関して② シンガポールの税制・戦略に関して③ シンガポールの税制・戦略に関して④

シンガポールでは日本人弁護士は高い!なぜか?

その翻訳あってますか?
リーガルトランスレーターもお任せ

法人設立費用翻訳代.アテンド代
クレジットカードで決済ができます

シンガポールのメリットを生かした様々なノウハウを、具体的に紹介した無料デジタル書籍

サービスメニュー

その他のサービス

シンガポールの最新情報やローカル情報を現地エージェントがお届けします☆

Copyright © 2012 CENTRASIA PARTNERS Pte.Ltd. All Rights Reserved.