• ホーム
  • シンガポールへ進出する様々なメリット
  • 他にはないシンガポータルの強み
  • シンガポールでビジネス展開する流れ
  • 法人設立サポートサービスメニュー
  • ビジネス進出サポートサービスメニュー

シンガポータルが持つ、他社にはない強みとは?

法人設立・就労ビザ 法人設立・ビジネス進出に必要な条件整備だけではない

日系企業の大半が、シンガポールでのビジネスを「自分達でできる」と思っています

シンガポータルを運営するセントレイジアパートナーズでは今まで多くの企業の法人設立を行ってきました。シンガポールはビジネスインフラが整い、英語圏で豊か、また厳密な法治国家であり、国土もコンパクトでロケーションもいい。また日本の製品・サービス・コンテンツの人気が高く親日国家。これほどにビジネスをし易くする上での条件が整っているため、多くの日系企業の方々が「自分達でできる」と思い込んでいます。
しかしながら、進出してくる大半の事業者様が1年以内に撤退されています。それはなぜでしょうか?

シンガポールはビジネス環境が整っていると言えど僅か500万人程のマーケットサイズしかありません。富裕層の割合や外国人比率は日本と大きく異なりますし、多民族(中華・マレー・インド)で構成された亜熱帯の国のカルチャーや習慣は日本と大きく異なります。往々として日系企業は日本のビジネスモデルや、サービス・製品がそのままシンガポールで通用すると考えがちですが、それは大きな間違いです。
重要なのはビジネスをいかに「シンガポーリアナイズ(シンガポール化)」する事と、その先にある「数億人のASEANマーケット」にいかに切り込むかを予めよく考えておくことです。

シンガポール進出の誤解
シンガポールでのビジネスは自分達でできると思っている
日本のビジネスがそのまま通用すると思っている
シンガポールが儲かるマーケット規模だと思っている
初期投資が日本のビジネスより安く済むと思っている
ビジネスを始めたらすぐに回収できると思っている
単に法人設立すれば税制メリットが受けられると思っている
シンガポール・マリーナの夕暮れ

コンサルティングではない。しっかりシンガポールで売りを作っていくために

シンガポータルでは、単に法人設立や法人銀行口座開設・就労ビザ取得などの条件整備だけでなく、ビジネスに必要な貿易・流通・販促・営業・雇用など様々な局面で必要になる環境の構築までワンストップで対応が可能です。シンガポータルが持っている幅広いコネクションの中から、進出に必要なリソースとコンテンツをご紹介し、二人三脚でビジネスを進めていけることが我々の強みであると自負しております。
市場のリサーチャーはみなさんに机上のデータしか渡しません。進出コンサルタントは進出してからの売り上げ確保や投資回収まで面倒をみてくれません。我々はみなさんの右腕となり、協業体制でビジネス進出をサポートする事を前提にお付き合いをさせていただきます。

また、長くクライアント様とお付き合いするために「無理なものは無理」「難しいものは難しい」とはっきりお伝えします。

そのようなスタンスが特に中小企業様に支持いただいており、弊社も中小企業様の進出に強い自信を持っております。

ビジネス展開の流れを詳しく
コンサルティングではないシンガポールのパートナー

シンガポールでは日本人弁護士は高い!なぜか?

その翻訳あってますか?
リーガルトランスレーターもお任せ

法人設立費用翻訳代.アテンド代
クレジットカードで決済ができます

シンガポールのメリットを生かした様々なノウハウを、具体的に紹介した無料デジタル書籍

サービスメニュー

その他のサービス

シンガポールの最新情報やローカル情報を現地エージェントがお届けします☆

Copyright © 2012 CENTRASIA PARTNERS Pte.Ltd. All Rights Reserved.